小説

スポンサーリンク
トレンド記事

GWにぴったりのおすすめ小説10選 震えるミステリーがお好きな方へ

GWに読むのにおすすめなミステリー小説10選のご紹介です。背筋が凍るものから感動的なもの、衝撃的なラストを迎える震えるようなミステリーばかりを厳選しました。年間100冊以上読む現役エンジニアが選ぶ小説をぜひお試しください。
小説の書評

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 6巻 書評&ネタバレ感想

ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編6巻の書評とネタバレありの感想になります。最終結果についても言及していますので忙しく結果、オチだけを知りたい方にぴったりの内容となっています。
小説の書評

10分でわかる 斜め屋敷の犯罪 島田荘司|書評&ネタバレ紹介

占星術殺人事件に続く島田荘司の名作ななめ屋敷の犯罪、書評とネタバレありの紹介をしています。正直な感想と占星術殺人事件と比較してどっちがより面白かったのか結論づけします。ミステリー好きには必見の内容となっています。
小説の書評

「神のロジック 人間のマジック」西澤保彦 書評&ネタバレ感想

西澤保彦 神のロジック人間のマジックの書評ネタバレ感想です。現在は神のロジック次は誰の番ですかというタイトルに変わった作品について感想をネタバレ部も含みながらわかりやすく書いています。本選びの参考にしていただければと思います。
小説の書評

10分でわかる森博嗣「冷たい密室と博士たち」書評&解説

10分でわかる「冷たい密室と博士たち」小説の書評とネタバレ解説になります。森博嗣作品の第二作で密室殺人がテーマになった今作をわかりやすく丁寧に紹介しています。ネタバレをうまく切り分けながら書いています。
小説の書評

最高傑作のミステリー、作者との一騎打ち「占星術殺人事件」

最高傑作のミステリーランキングにも入る「占星術殺人事件」の書評・内容紹介になります。ネタバレは一切ないのでこれから読まれる方も楽しめる内容にまとめています。作者との一騎打ちを楽しめる占星術殺人事件をお楽しみください。
小説の書評

西澤保彦「彼女が死んだ夜」書評&ネタバレ感想

西澤保彦「彼女が死んだ夜」の書評、感想、あらすじ、ネタバレありなしです。既読の方も未読の方も楽しめる内容なので、本選びの参考にしていただけると嬉しいです。ミステリーシリーズ第一弾です。
小説の書評

なぜって、そこには愛があったから 「そして扉が閉ざされた」書評

岡嶋二人作の「そして扉が閉ざされた」の書評になります。ネタバレ部分もありますが、記事読んだ後も楽しめる内容になっています。あなたの小説選びの参考にしてください。
小説の書評

理系文系関係なく楽しめる理系ミステリー!「すべてがFになる」森博嗣

森博嗣「すべてがFになる」の書評になります。ネタバレないので、読み始めるきっかけやモチベーションになればと思います。ドラマ化もされている原作になります。理系文系問わず楽しめる最高のミステリーの紹介です。
スポンサーリンク