小説の書評

スポンサーリンク
ようこそ実力至上主義の教室へ

伏線回収「ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編7」要約&ネタバレ解説

ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編7巻の要約、ネタバレ解説記事になります。6巻の伏線を復習しつつ、今回明らかになった事実について解説考察していきます。ネタバレを含みますので注意してください。今後の予想できる展開についても書いています。
小説の書評

10分でわかる「名探偵に薔薇を」書評&ネタバレ解説

城平京「名探偵に薔薇を」の書評&ネタバレ解説記事になります。伏線回収部について解説考察しています。オチについての解説を含むネタバレがありますので注意してご覧ください。
小説の書評

5分でわかる背筋が凍りダブルミーニング「殺人鬼フジコの衝動」

背筋が凍る「殺人鬼フジコの衝動」の書評&ネタバレ要約になります。オチの考察と解説を行なっています。伏線がすごいミステリー小説で、鳥肌が立つラストがありました。あらすじ、ページ数、読むのにかかった時間も紹介しています。
小説の書評

10分でわかる「詩的私的ジャック」書評&ネタバレ解説

森博嗣の理系ミステリー第4弾「詩的私的ジャック」の書評とネタバレ要約記事になります。評価しつつ最終的なオチについて解説している記事です。歌詞になぞらえた殺人事件の結末とは密室に隠された本当の意志とは?
小説の書評

【5分でネタバレ】北村薫「盤上の敵」書評&ネタバレ感想

北村薫「盤上の敵」の書評とネタバレ考察、解説記事になります。5分にまとめられた内容と感想を楽しむことができる記事になっています。伏線が張り巡らされたミステリーで最後の最後まで結末が読めない心理戦が面白い作品でした。
小説の書評

10分でわかる東野圭吾「ゲームの名は誘拐」書評&ネタバレ内容紹介

東野圭吾の一風変わったミステリー「ゲームの名は誘拐」の書評とネタバレ内容紹介記事になります。今回のミステリーは登場人物全員が悪巧みをしているという悪どい物語となっています。内容を10分でわかるよう要約しネタバレ解説していきます。
小説の書評

10分でわかる 中村文則「銃」書評&ネタバレ考察

中村文則の銃の書評とネタバレありの内容紹介、考察記事になります。ミステリアスなラストを年間100冊以上の本を読む僕がわかりやすく考察解説している記事になっています。
小説の書評

10分でわかる根本聡一郎「プロパガンダゲーム」書評&ネタバレ解説

根本総一郎「プロパガンダゲーム」の書評&ネタバレ解説、考察記事になります。特定の思想や行動へ誘導するプロパガンダと就職活動のゲームを組み合わせた異色のミステリーの紹介です。最後まで油断できない展開と表紙に隠された伏線を解説します。
小説の書評

【5分でわかる】「笑わない数学者」書評&ネタバレ解説

森博嗣が描く大学教授と女子大生のコンビが贈るミステリー第三弾「笑わない数学者」のネタバレ解説、書評になります。5分でわかる内容にまとめた記事ですので、忙しい方も楽しめる内容になっています。
小説の書評

5分でわかる麻耶雄嵩 「神様ゲーム」書評&ネタバレ解説

至高のミステリー「神様ゲーム」伏線回収やラストの衝撃に震える小説の書評と内容考察記事になります。ネタバレ部も含みますが、未読の方も読みやすい記事にまとめています。鳥肌が立つような衝撃ラスト、ブラックエンドを楽しみたい方におすすめです。
スポンサーリンク